〒261-0002 千葉市美浜区新港249-4 TEL.043-245-1744

公益社団法人 千葉県看護協会

検索

会長挨拶

ごあいさつ

210004_kaichou_352x456

公益社団法人 千葉県看護協会

会長 寺口 惠子

柔らかな春風に舞う花吹雪が目に眩しい季節となりました。会員の皆様におかれましては、新規入職者や人事異動者等へのオリエンテーションや研修等で、華やかで活気のある中でもお忙しい毎日をお過ごしのことと思います。千葉県看護協会は、4月から看護職の仲間になられた皆様を心から歓迎申し上げます。

2020年は新型コロナウイルス感染症との対峙の一年でした。社会は混乱し、医療現場にも大きな影響が及びました。感染症の拡大・長期化により、2021年に入っても医療現場では極めて緊迫した状況が続いており、保健・医療・福祉・在宅等の最前線で活躍されている看護職に心から感謝し、敬意を表します。

私たち看護職は、看護ケアがこれまで通りに提供できない無力感や苛立ち、看護師としての肯定感の低下等、負の影響を大きく受けました。しかし、一方で、自らも感染への不安や緊張を抱えながらも使命感をもって真摯にケアを提供している姿は、社会の看護に対する理解を広げ、看護の力や役割が改めて評価される機会となったことも確かな事実です。

Withコロナ時代の今、看護職の過酷な労働環境を少しでも改善し、会員の皆様の安全が確保された中で安心して働き続けられるよう、また、県民の皆様に必要な医療が適切に提供できるよう県行政・日本看護協会等と連携し、看護職のおかれている環境を変えて行く政策の実現に向け活動して参ります。

また、2020年度は、看護の資質の向上を目的に実施している継続教育や看護研究学会・医療安全大会・「看護の日30周年・ナイチンゲール生誕200周年Nursing Nowキャンペーン」等の協会事業・理事会等の会議につきましても、新型コロナウイルス感染症の拡大による移動や接触の制限を受け、臨床の最前線で活躍されている皆様の安全を最優先し、対面を中止し、Webexによるオンラインに変更して実施して参りました。2021年度は、更にWeb環境・システムを整備し、会員の皆様が参加しやすい事業・研修を企画して参りますので、ご協力をお願い申し上げます。

 2021年度 重点事業は、当協会の重要な課題としてこれまで取り組んできた事業を更に推進していくとともに、災害・感染などの健康危機管理を追加し、以下の4項目としました。

1.2025年を見据えた看護職の定着・確保の推進
2.質の高い看護の提供体制の構築・推進
3.地域包括ケアにおける看護提供体制の構築・推進
4.地域における健康危機管理体制の整備

 今年度も皆様から様々なご意見をいただきながら、国・県の動向を視野に入れ、事業を推進して参りますので、ご支援・ご協力をお願い申し上げます。

 

令和3年4月