〒261-0002 千葉市美浜区新港249-4 TEL.043-245-1744

公益社団法人 千葉県看護協会

検索

会長挨拶

20220401president_638x418

 公益社団法人千葉県看護協会  
 会  長  寺 口 惠 子  

 花の香りがそよ風に運ばれてくる季節となりました。
 会員の皆様におかれましては、新年度を迎えられ、華やかで活気のある中にもお忙しい毎日をお過ごしのことと思います。皆様には、日頃より当協会の活動に対し、御支援・御協力を賜っておりますことに心より感謝申し上げます。当協会は、新しく看護職の仲間になられた、将来の看護界を担う皆様を心より歓迎申し上げます。

 さて、新型コロナウイルス感染症と対峙し2 年が経過しました。令和4年も新たな変異株「オミクロン株」による第6波との闘いの中で始まり、それぞれの医療現場、地域のあらゆるところで新型コロナウイルス感染症との闘いに挑んでいらっしゃる看護職、医療従事者の皆様に心より敬意と感謝を申し上げます。

 未だ収束の兆しの見えない状況ですが、新型コロナウイルス感染症を通して看護職に対する社会的な期待や存在価値が高まっており、質の高い看護の実践者の育成及び人材確保が必要となっています。そのためには、看護職が健康で安心して働くことができる労働環境(ヘルシーワークプレイス)の整備を促進することが重要です。昨年度、日本看護協会は看護職の賃金引上げについて政府に要望書を提出し、岸田総理大臣は、看護職等は仕事内容に比して賃金の水準が長く抑えられてきたとし、公的価格評価検討委員会で検討され、看護職員の賃金引上げが実現しました。しかし、全ての看護職員に対して十分な処遇改善には至らず、今後も看護職のキャリアアップに伴う処遇改善に向けた財政措置の検討が進められる予定です。当協会でも、引き続き「看護職の健康で安心な職場づくり」を推進してまいります。

20220415aisatu_summit_1381x437


 令和4年度は、社会の動向を見据え、看護職が果たすべき役割を見極めながら、看護の専門性を発揮し、県民の健康な生活を支えるべく、令和3年度に取り組んできた4つの重点事業を踏襲し、「2025年を見据えた看護職の定着・確保の推進」「質の高い看護の提供体制の構築・推進」「地域包括ケアにおける看護提供体制の構築・推進」「地域における健康危機管理体制の強化」を継続的に
進めるとともに、各事業の土台となる「組織基盤の強化」の取組みを新たに追加し、5事業の重点事業に取り組んでまいります。
 「Withコロナ」から「Postコロナ」へ、培ってきた看護の力を活かして、2025年さらに2040年を見据えてあらゆる場で看護の専門性を発揮できるよう取り組んでまいりますので、引き続き御支援・御協力をお願い申し上げます。