公益社団法人 千葉県看護協会

千葉県PRマスコットキャラクター チーバくん

ワーク・ライフ・バランスの推進

千葉県看護協会では、看護職が仕事と子育てや介護、自己啓発など、生活との調和をとりながら、働き続けられる職場環境づくりを実現するために、ワーク・ライフ・バランス(WLB)の推進に取組んでいます。

平成22年度は、県内18病院の実践事例等集を発行しました。→ 実践等事例集
平成23年度からは、日本看護協会と協働し、当事業の推進を行っています。→ 日本看護協会HP

将来的には、県内の12地区部会にそれぞれ1つ以上のWLB取組み施設ができ、自施設の取組みを当該地区内で発信し、地区内のWLB推進役として活動できるよう支援します。


(平成29年度作成 WLB普及啓発用ポスター)

看護職員が出産や育児・介護のほかキャリアアップや自己啓発など個々のライフステージに対応し、働き続けることが可能となるよう多様な勤務形態の整備を促進することにより、看護職の離職防止・復職支援を進めます。

1.協会内にワーク・ライフ・バランスの相談窓口を開設

相談日時:毎週 火・木 10:00~15:00(祝日除く)

2.病院等の施設に対して

(1)病院の職員を対象とした出前研修会の開催
(2)ワーク・ライフ・バランス推進アドバイザー等の派遣

このページの上へ