公益社団法人 千葉県看護協会

千葉県PRマスコットキャラクター チーバくん

沿革・組織図

1.設立経過等

公益社団法人千葉県看護協会は、県内に勤務または居住している保健師・助産師・看護師・准看護師で組織する職能団体として、昭和57年に設立しました。

以来30年にわたり、看護職の資質の向上、人材確保、訪問看護の推進や災害時の救護等の事業を実施するとともに、県民の健康相談など保健に関する知識の普及事業を広く展開し、看護を通じて県民の健康と福祉の向上に寄与しています。

2.沿革

昭和23年 日本助産婦看護婦保健婦協会千葉県支部 設立
昭和29年 (社)日本看護協会保健婦会、助産婦会、看護婦会各千葉支部 設置
昭和45年 (社)日本看護協会保健婦部会、助産婦部会、看護婦部会各千葉支部名称 変更
昭和57年 (社)日本看護協会千葉県支部設立/(社)千葉県看護協会設立
昭和61年 千葉県看護会館竣工
平成4年 千葉県看護協会設立10周年記念式典実施
平成5年 (社)千葉県看護協会へ組織統合・一本化
平成6年 ちば老人訪問看護ステーション開設
平成10年 ちば訪問看護ステーションに名称変更
平成12年 ちば訪問看護ステーション居宅介護支援事業開始
平成14年 千葉県看護協会設立20周年記念式典実施
平成24年 公益社団法人移行(4月)
千葉県看護協会設立30周年記念式典実施

3.事業概要

千葉県看護協会は、看護職の資質の向上を図り、医療の担い手として誇りを持ち安心して働き続けられる環境づくりと地域のニーズに応える保健・医療・福祉活動を推進し、県民の健康と福祉の向上に寄与しています。

今後とも、県民に安全、安心でより質の高い医療看護を提供するため、会員一人ひとりの知識や技術、人間性を高める教育支援や働き続けられる職場環境づくりを展開するとともに、県民の期待に応えるため、県や市町村と協調を図り、地域の特性を生かした保健・医療・福祉活動に力を注いでいきます。

(1 )教育・研修等による看護の質の向上に関する事業

県民に良質な看護を提供するために、看護職の基本的、専門的技術の向上と高度化・多様化する医療現場に即応できる知識と技術の習得を図ります。

(2) 看護職の労働環境等の改善、就業促進等による看護職の人材確保・定着に関する事業

県民に十分で、安全・安心な医療看護を提供するために、看護職が働き続けられる環境づくりを推進し、県内看護職の確保・定着を図ります。

(3) 訪問看護の推進に関する事業

県民が安心でその人らしい在宅療養を行うために、訪問看護の実施体制の整備・強化と人材の育成及び訪問看護の普及啓発を図ります。

(4) 県民の健康・福祉の増進に関する事業

県民一人ひとりが健康への意識を高め、健康で安心して暮らせる社会づくりを目指して、県民への保健知識の普及啓発を図ります。

(5) 看護に関する調査研究、看護業務の開発及び看護制度への提言

調査・研究等により看護における課題等を明らかにし、県行政等の関係会議への参画や関係機関と連携し、看護の質の向上に向けた提言等を行います。

(6) 情報提供及び広報に関する事業

県民の保健知識の普及・啓発を図るための医療や健康に関する情報や看護職の専門的技術、資質の向上を図るための情報等を提供します。

(7) 県民の健康生活実現のための地区部会活動

県内を12地区に分け、その地区の課題や特殊性を考慮し、実情に応じた千葉県看護協会事業をきめ細かく推進します。

4.組織図

5.会員数の推移

このページの上へ