公益社団法人 千葉県看護協会

千葉県PRマスコットキャラクター チーバくん

会長挨拶

千葉県看護協会 会長 寺口 惠子

ごあいさつ

公益社団法人 千葉県看護協会
会長 寺口 惠子

 柔らかな春風に舞う花吹雪が目に眩しい季節となりました。会員の皆様におかれましては、新規入職者や人事異動者等へのオリエンテーションや研修等で、華やかで活気のある中でもお忙しい毎日をお過ごしのことと思います。千葉県看護協会は、4月から看護職の仲間になられた皆様を心から歓迎申し上げます。
 今、国の施策として地域包括ケアが推進され、医療機関から地域への療養の場の移行が図られています。看護の実践の場は多様化し、その役割は拡大しています。
 看護協会の使命は、現場で働く看護職の資質の向上と働き続けられる職場環境づくり、そして看護領域の開発・展開です。
 人生100年時代を迎える今、会員はもとより多職種との連携を密にし、県民の期待に応える専門職能団体として活動して参ります。
 2020年度重点項目・重点事業については、当協会の重要な課題としてこれまで取り組んできた事業を更に推進していくため、昨年同様、以下の3項目としました。

  1. 2025年を見据えた看護職の定着・確保の推進
  2. 質の高い看護の提供体制の構築・推進
  3. 地域包括ケアにおける看護提供体制の構築・推進

 今年度も皆様から様々なご意見をいただきながら、国・県の動向を視野に入れ、事業を推進して参りますので、ご支援・ご協力をお願い申し上げます。

 また、今年はナイチンゲール生誕200年の記念の年です。日本看護協会・日本看護連盟とともに「看護の力で健康な社会を!Nursing Nowキャンペーン」を展開しております。看護職が専門職として自立性をもって役割を果たせるよう、SDGs(エスディージーズ)を視野に健康課題に積極的に取り組み、人々の健康の向上に貢献するために行動することで「看護職が社会に認められ、活き活きと働く」ということを常に考えて前進して参ります。

INFORMATION

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大防止の観点から、各種会議、研修会、看護研究学会、イベント等を延期または中止とさせていただきました。今後の対応につきましては、政府、千葉県の方向性を確認しながら対応して参りますので、御理解・御協力をお願い申し上げます。

令和2年4月

CNA

このページの上へ