公益社団法人 千葉県看護協会

千葉県PRマスコットキャラクター チーバくん

会長挨拶

千葉県看護協会 会長 星野惠美子

さあ4月、新年度のスタートです。
巷では、桜の花が暖かな風に乗って乱舞し、真新しいランドセルを背負った一年生が元気よく登校する姿が見かけられます。
また、病院施設等においては将来の看護界を担う新人が、大きな夢と期待、多少の不安を抱き、緊張して臨床等の現場にデビューしました。

さて、当協会では看護職不足の現状と「2025年問題」を見据えた「第4次看護職定着・確保推進計画」を策定しました。
この計画は、平成28年度を初年度とする5か年計画で、目標を「質の高い医療・看護を提供するため、看護職が働き続けられる環境づくりの推進」としたところです。
目標の達成に向けて、行政や医師会等関係団体と連携し、また協力をいただきながら推進してまいります。

また、昨年10月1日からスタートした「離職看護師等の届出制度」が2年目を迎えました。
届出いただいた方には、ナースセンターから求人情報の提供や再就業等に向けた技術演習や相談等のサポートをさせていただいております。
離職せずに働き続けることができればよいのですが、もし離職された場合には届出にご協力をお願い致します。届出方法等の詳細については、協会ホームページに掲載しています。

結びに、今後、医療・看護、介護サービスは、地域において完結される地域包括ケアシステムの構築が推進されていきます。
当協会では、訪問看護師の育成や看護職の資質向上を図り、他職種と連携しながら地域包括ケアにおけるキーパーソンとしての役割を担っていけるよう、研修等をさらに充実してまいりますので、ご支援ご協力をいただきますよう お願い申し上げ、あいさつとさせていただきます。

平成28年4月1日

CNA

千葉県看護協会会長 星野 惠美子

このページの上へ